過払い金を取り戻せ!かんばるぞ!!

まだ間に合います。

債務整理をするとクレジットカードはどうなるか

債務整理をすると、クレジットカードの新規契約は少なくとも数年間不可能になります。キャッシングやオートローンを組むこともできません。なぜかというと、債務整理の事実が異動情報として信用情報機関に登録されるからです。これを俗に金融ブラックと言います。この異動情報は、クレジットカードの発行元や銀行や消費者金融といった金融機関から審査の際に照会されますので、これが消えないかぎり審査をパスするわけがありません。つまり、債務整理後の一定期間、いわゆる喪中は、クレジットカードの新規契約は絶望的です。元々利用していたクレジットカードも、発行元に異動情報が確認され次第没収されてしまいます。では、喪明けまでいったいどれだけ待てばよいのでしょうか。一般的に喪明けは、債務整理の後、債務の返済が完了してから5年後と言われます。異動情報の保存期間は信用情報機関によって異なりますが、おおむね5年ないし10年間記録されますので、それを過ぎればクレジットカードの契約も可能になります。ただし、クレジットカードを発行していたグループに属する金融機関では、過去の事故情報が社内ブラックとして半永久的に保存されていることがあり、その場合は喪明けまで待っても否決されることがあります。

コメントは受け付けていません。