過払い金を取り戻せ!かんばるぞ!!

まだ間に合います。

自己破産をすると借金はなくなる?

一般に、自己破産の手続き開始が決定されれば、それだけで借金返済の義務がなくなると誤解している人は珍しくありません。
はっきり言って勘違いです。
実際は、破産の手続きが始まったとしても、それまでにあった借金はなおも厳然として存在します。
破産手続きの開始決定とは、破産の申立人が何らかの理由で借金を返済できない状態にあるという事実を、裁判所が認定したに過ぎないのです。
決して、裁判所が借金の棒引きを決めたわけではありません。
したがって、破産手続きが始まると、通常は弁護士が管財人に選任され、破産者の全財産をお金に換えて債権者に公平に配当します。
それでも返しきれなかった借金は、そのまま残ります。
本番は、ここからです。
残った借金の返済を免除してもらうためには、裁判所から免責を受ける必要があります。
債務者が自己破産を申し立てる本当の目的は、この免責の許可を得ることなのです。
裁判所が自己破産手続きの開始決定を下しても、肝心の免責が不許可になってしまえば借金はそのままです。
ですから、債務整理に自己破産を検討する場合、借金が免責不許可事由に当てはまらないかどうかチェックしておく必要があります。
ただし実際には、特別に不正があると認定されないかぎり、免責不許可事由に当てはまる場合でも、担当裁判官の職権で免責が許可されるのが通例です。これを裁量免責と言います。

コメントは受け付けていません。