過払い金を取り戻せ!かんばるぞ!!

まだ間に合います。

自己破産の最大のデメリットは?

裁判所の監督下で進められる自己破産という手続きは、多様な債務整理手法の中でも特に有名でしょう。
自己破産を一口で解説するなら、破産者の全財産を清算し換金して債務者に配当することで、同時に残った債務の免責許可を取るのが普通です。
一見すると全財産を失ってしまうように見えますが、生活や商売に最低限必要な財産は対象外ですから、手続きが済めば思いのほか通常の生活を営むことができます。
しかし、自己破産は数ある人生巻き直し方法のうちでも最も大げさな部類に属します。
積もり積もった借金で首が回らなくなった人のための最後に残された一手なのです。
どうしようもなくなった債務者にとって利益が大きい反面、同時に大きな不利益が伴うことも念頭に置かなくてはいけません。
おそらく最大の不利益と言えるのは、単に財産を整理しなくてはいけないだけでなく、信用情報機関に事故情報が記載されることです。
これがいわゆる金融ブラックという状態です。
こうなってしまうと、お金に困っても新規に融資を受けることは全くできなくなります。
クレジットカードも借金の一形態ですから当然新規契約は不可能です。
ただし、事故情報は法律の定めに従って一定の期間を経過すれば抹消されます。
信用情報機関の種類にもよりますが、おおむね5年から7年程度です。
この5年ないし7年という期間が過ぎれば、いわゆる自己破産からの喪明けということになります。

コメントは受け付けていません。