過払い金を取り戻せ!かんばるぞ!!

まだ間に合います。

自己破産をすると生活は破綻してしまうのか?

自己破産をすると、イメージ的にはまともな生活を一切合切失ってしまうような気がします。
もちろん現実はこれとは異なり、自己破産をしても平穏な生活が営めるようになっています。
かと言って自己破産に大きな不利益がないわけではありません。
その不利益を許容できるかどうか、自分の身になって考えてみれば、自己破産に踏み切るかどうかの判断ができるでしょう。
真っ先に挙げられる自己破産の不利益は、一定以上の価値を持つ財産を手放す必要があることです。
どこで線引きをするかというと、現金なら99万円、財産なら時価で20万円が基準になります。これを超える資産は処分されてしまいます。
ただし、すべて一律に処分の対象になるわけではなく、日常生活や社会生活を営むのに必要とされる家財道具や商売道具は残されます。
したがって、自己破産をしてもそれほど惨めな生活を送る必要はないのです。
しかし、自己破産の事実が事故情報として信用情報機関に登録されるということはしっかり頭に入れておいてください。
通常5年から10年の間、新規の融資を受けることも、オートローンや住宅ローンを組むこともできなくなります。
クレジットカードも形を変えた融資に違いはありませんから、当然ながら審査を通りません。
さらに、警備員や宅地建物取引主任者といった一定の職業や資格が自己破産の手続き中は制限され、就業できなくなりますが、これに該当する人は比較的少数でしょう。

コメントは受け付けていません。