過払い金を取り戻せ!かんばるぞ!!

まだ間に合います。

自己破産とは何か?

“自己破産という言葉を頭に思い浮かべてみてください。
全財産を失って、着の身着のままで路頭に迷うイメージが浮かびましたか?
それは正しくありません。
これから自己破産の正しい捉え方をお話ししましょう。
自己破産するというのは、債務者自身が裁判所に破産の申し立てをして、裁判所が破産手続きを開始することを言います。
裁判所が破産手続きの開始を決定すると、債務は清算されるわけですが、決して棒引きになるわけではありません。
思い違いをしている人が少なくありませんが、破産手続きが開始されると、破産者の財産は調査のうえで換金され、債務者全員に配当されます。それで返しきれなかった債務が自動的に消滅するわけではありません。
破産の申し立ての際には、同時に「免責許可」をもらわなければならないのです。
破産の申し立てをしただけでは、借金はなくなりません。
裁判所で免責許可が下りて初めて、債務を返済する義務が免除されます。
もし免責許可が下りなかったらどうなるのでしょう。
債務は依然として残るのです。
免責許可が下りないことを「免責不許可」、免責許可の下りない理由を「免責不許可事由」と言います。
例えば「財産を隠匿したり、不当に財産の価値を減少させた場合」や「ギャンブルや浪費などで財産を失ったり過大な借金をした場合」などが免責不許可事由に該当します。
ただし、結論を下すのはあくまで裁判官です。
仮に免責不許可事由があったと思われる場合でも、裁判官の職権に基づいて免責許可が下りることもよくあります。
これを「裁量免責」と言います。
自己破産の申し立てをしても、免責許可が下りなければ債務は免除されない、ということはとても大事ですから忘れないようにしてください。

コメントは受け付けていません。